【iPhone写真】iPhoneのポートレートモードで子供を撮ろう

iPhoneのポートレートモードで子供を撮ろう

iPhone12 Pro Maxのポートレートモードを使って、
子供の写真を撮ってみました!

【iPhoneのポートレートモード】

ポートレートモードでは、
iPhoneのカメラが被写界深度エフェクトを作成して、背景をぼかしながら被写体を浮かび上がるように引き立たせた写真が撮れます!

このポートレートモードを利用することで、
まるで一眼レフカメラやミラーレスカメラで撮ったように、

写真にボケを作ることが出来ます♪

そんな、ボケを演出を活かしながら、
子供の写真を撮ってみました!!

カメラ:Apple iPhone12 Pro Max
(ポートレートモード)
カメラ:Apple iPhone12 Pro Max
(ポートレートモード)

ボケを作ることで背景が整理できる!?

掲載している写真は、
iPhoneを使って子供を撮ったものですが、、

撮れた写真で思ったことは・・・
ボケを作ることで、背景が整理できる(笑)

リビングがちょっと荒れた状態だったのですが、
iPhoneのポートレートモードを使ってボケを演出したことで荒れていた部分がボケて、
完全にごまかしてくれています(爆)

iPhoneのカメラ自体は、
前回、前々回のブログ記事でも書いたとおり、写り具合は文句なし!

その写りの良さを活かしつつ、
iPhoneがしっかりと背景をぼかしてくれます!

写真を撮っている私は、何もすることはありません ^^

ポートレートモードにセットして、
あとは子供のシャッターチャンスにだけ意識を集中していれば
勝手にiPhoneがボケのある雰囲気の良い写真を演出してくれます!

iPhoneの「ポートレートモード」は、
普段とは少し違った雰囲気の写真を撮りたい時には、おすすめのモードです!!


2020年2月24日には、「【ポートレート】モデルさんを美しく撮りたい!!」なんて記事を書いていました!

いつも応援クリックをありがとうございます。

是非こちらを1クリックお願いします。次回のパワーに変わります!!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村


スナップ写真ランキング

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事