【スナップ撮影】単焦点レンズの開放でボケを楽しんでみよう

明るい単焦点レンズでボケを楽しもう🎵

街中のスナップ撮影を、
開放F値の明るい単焦点レンズで撮ってみよう🎵

開放F値がF1.4という、とても明るい単焦点レンズ!
その明るいレンズの開放側で撮影をすることで、

ピントのあった写真と、
美しいボケのある写真を楽しむことが出来ます ^^

カメラ:Nikon Z7
レンズ:SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art
カメラ:Nikon Z7
レンズ:SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art

明るいF値と中望遠レンズでボケを満喫!!

開放F値の明るい単焦点レンズに、
中望遠域の焦点距離を組みアガセて、、

ガッツリとボケを楽しんでみました ^^

1枚目の写真は・・・

ピントを合わせているところはありません(笑)

単純に目の前の風景に、
ピントを一切合わせずにシャッターを切って見まいたが・・

いろいろな光が玉ボケになってくれて、面白いボケた写真になりました ^^


ちなみに2枚めは、
きれいに咲くチューリップの花にピントを合わせてとった1枚!

ピントを合わせたチューリップと
ピント面以外のところのボケ感が、主役のチューリップを浮き上がらせてくれます!!

ボケを利用しながら撮る街中のスナップ写真は、
想像以上に楽しめます♪


2020年1月26日には、「レトロな雰囲気たっぷり!!「世田谷線」」なんて記事を書いていました!

いつも応援クリックをありがとうございます。

是非こちらを1クリックお願いします。次回のパワーに変わります!!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村


スナップ写真ランキング

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事