【ポートレート撮影】縦位置と横位置で伝えるイメージを変える

横位置はストーリーを、縦位置は主役を強調しやすい

横位置は広がりを表現できるため、情報量も多くなります。

モデルと風景の雰囲気を写すことができるため、
ストーリー性を伝えやすくなります。

縦位置は主題が明確になる

縦位置は主題が明確になります!

ポートレートの人物は縦長なので、
構図的にはおさまりやすくなります ^^

また、背景がゴチャゴチャしているような場合でも、
縦位置で撮れば背景の情報(写る範囲)を制御しやすいのでバランスも取りやすくなります!!

カメラ:Nikon D6
レンズ:SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art
モデル:小南らなさん (@rana_kominami)
カメラ:Nikon D6
レンズ:SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art
モデル:小南らなさん (@rana_kominami)

写真を見る人の環境を考慮する

写真を見る人の環境を考慮して写真を撮るというのも、
ここ最近の傾向では考慮するとよいかもしれません!

ポートレートの場合、人物自体が縦長なので、
縦位置で撮ることが多くなりますが・・・

見る人がパソコンの画面の場合などは、横位置の写真のほうが見てもらいやすい!
また、見る機材がスマホなどの場合は、縦位置の写真のほうが写真が大きく表示されるなど見やすかったりします!!

最近では、SNSで写真を見るケースも多いため、
ポートレートでなくても、縦位置を意識した写真に仕上げると見やすい写真に仕上がるのかもしれませんね🎶

カメラ:Nikon D6
レンズ:SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art
モデル:小南らなさん (@rana_kominami)
カメラ:Nikon Z7
レンズ:NIKKOR Z 85mm f/1.8 S
モデル:小南らなさん (@rana_kominami)

2019年10月18日には、「【水族館の人気者】大人から子供まで、大人気のカクレクマノミ」という記事を書いていました。

写真素材のピクスタ

いつも応援クリックをありがとうございます。

是非こちらを1クリックお願いします。次回のパワーに変わります!!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村


スナップ写真ランキング

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事