ニコンカレッジ「単焦点講座」の講評 〜その1〜

豪徳寺で招き猫を「パシャリ」

「豪徳寺」が“招き猫のお寺”と呼ばれている由縁は、
「招福堂」に奉納された大量の招き猫があるから。

仏殿の隣にある「招福堂」へ足を踏み入れると、1,000匹もの招き猫が陳列しています ^^

そんな招き猫をパシャリ!!

灯籠の中の「招き猫」

灯籠の中から覗くように顔を出す「招き猫」

その灯籠を窓に見立てて撮影!!
灯籠の向こうがわに射す光の玉ボケが美しい ♪


主役はメガネを掛けた招き猫 ^^
いろいろな顔した招き猫がひょっこり顔を出した姿が可愛らしい(笑)


それで・・・気になる
この写真の講評結果は??

講評結果

招き猫写真の講評結果

【良かった点】
さまざまな表情の招き猫がいて、被写体の見つけ方はOK
灯籠を窓に見立てて、灯籠の家の中から外を覗いているような雰囲気は伝わってくる。

灯籠を抜けた向こう側の景色で、光の玉ボケと反対側の黒くなったシルエットの部分が、
レースのカーテンと光を通さない遮光カーテンのような相反する風景を作り出していて面白い。


【改善点】
主役である、メガネを掛けた招き猫にグッと近寄って、大きく写すと面白い画になる。
思わず、「コレは何?大きいの?小さいの??」くらいのことを思わせられるとよい。

何これ??と思わせることで、写真を見る人に写真を想像させられると良い。

ちょっと、色々と入れすぎてしまっている感がある。猫の数はもう少し少なくても良い。


ということで、近々リベンジにもう一度撮影に行きたいです ^^

リベンジ前に、指摘してもらったイメージの写真を
トリミングで再現してみました(笑)



2019年1月30日には、「[6]湯巡り万華郷で温泉遊び!!」なんて記事を書いていました!

いつも応援クリックをありがとうございます。

是非こちらを1クリックお願いします。次回のパワーに変わります!!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村


スナップ写真ランキング

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事