【iPhoneカメラの機能】iPhoneでボケを使いこなせ
F1.4
スポンサーリンク

iPhoneカメラの目玉機能の一つ

「ポートレートモード」

iPhoneで撮った美しいポートレート写真を、深度コントロールで一段と魅力的な一枚に仕上げることができるようになりました。
深度コントロールを使えば、被写界深度を調整して背景のぼかしを好きな分だけ加えたり減らすことができちゃう!!

【ポートレートモードの設定方法】

  1. カメラを起動
  2. カメラが起動したら、画面を横にスワイプ
  3. ポートレートモードを選択する

【深度コントロールの調整】

  1. ポートレートモードでカメラを起動
  2. カメラ画面の右上にある「f」のボタンを押す
  3. カメラ画面の下に「被写界深度」の表示とダイヤルが表示されます。

【ポートレートモードで撮影した写真の設定変更】

  1. 純正の写真アプリから、ポートレート撮影をした写真を選択
  2. 画面右上の「編集」ボタンを押す
  3. 写真の画面の下に「被写界深度」の表示とダイヤルが表示されます。

下の写真でアップしているのは、
ポートレート写真ではありませんが・・・

被写界深度の設定を変えたときの背景の違いです ^^

深度コントロールで背景をぼかしてみよう

iPhoneの「ポートレートモード」で写真を撮ると、
深度コントロールが利用できます!

この深度コントロールを使うと、
写真の背景をぼかす処理を行うことが出来ます 🎶

深度のコントロールは、
F1.4〜F16までで設定が可能!

F1.4 はmいわゆる開放F値となり、ボケが最も大きくなります。
逆にF16は、もっとも絞りを絞った状態で、
背景までしっかりとピントを合わせたいときに利用するといいと思います。(いわゆるパンフォーカスです)

ボケを大きくして写真を撮ることで、
ピントの合った「主役」が浮き上がるように仕上げることができます。

また、深度を絞るとボケが少なく遠くまでピントを合わせることができるので、
風景写真や、背景の情景を残したいような「記録写真」などにも最適かもしれません ^^

このボケをコントロール出来る機能を利用するだけで、
iPhoneで撮る写真のクオリティがグッと上がってくると思います。

人の背景をボカしたり写したりしてみよう!!

ポートレートの背景をボカすも写すもそれぞれの好み次第!
上記の写真の場合は、窓の外の風景がよく写っていた方が、写真の雰囲気が出るかなと・・思い、
私的には、「F16」にして撮ったほうが好きです ^^

iPhoneをお持ちの方は、
是非、この「ポートレートモード」を試してみてください!!

2018年8月27日には、「[6]東武博物館で遊ぶ、子供の写真を撮る!!」なんて記事を書いていました!

写真素材のピクスタ

いつも応援クリックをありがとうございます。

↓ 是非こちらを1クリックお願いします。次回のパワーに変わります!!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村


スナップ写真ランキング

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事