【東京の鉄道博物館】東武博物館のレトロ車両の雰囲気が最高

東武博物館の保存車両

デハ1形5号電車

東武鉄道が初めて浅草(現とうきょうスカイツリー)~西新井間を電化した時に走った木造電車(1924(大正13)年10月1日)

正面の5枚窓、側窓降下式、3枚ドア、ダブルルーフ、
米国ウェスチングハウス社製パンタグラフおよび電機装置、米国ブリル社製台車、両運転台(H棒仕切)などが特徴!!

レトロな車内

車両が作られた時代は大正!
日本の文化に沢山の外国の文化が流れ込んだ時代。

そんな時代に作られたからこそ、モダンでありながら日本のよさも感じされる ^^
床を始め、窓の枠などいたるところに木材が使われていて、座席のシートは深い青色で統一!

車内の明かりはオレンジがかった優しい光。

素晴らしい状態の保管状態!
しかもココに実際に乗って、シートには座ることもできる ^^

東武博物館で大正ロマンを感じてみませんか(笑)

子供と一緒に大人も楽しもう!!

東武博物館の館内には、
東武電鉄で活躍してきた列車の実物車両をはじめ、バスの車両も展示をされています!

電車のシミュレーターやジオラマなど、
子供にとって最高の遊び道具になるものが盛り沢山。

是非、親子で遊びに行きましょう!!

東武博物館営業時間

  • 開館時間:午前10時〜16時30分(最終入館は16時)

入館料

  • 大人:200円
  • 子供:100円

アクセス

【電車の場合】
  • 東武スカイツリーライン東向島駅下車(駅のとなり)
    ※駅改札口を出て、博物館前通りを右方向に進むとすぐ!!
[map addr="東京都墨田区東向島4-28-16"]

2018年8月29日には、「[6]ズームレンズを使ってミニチュア写真を撮る」なんて記事を書いていました!

写真素材のピクスタ

いつも応援クリックをありがとうございます。

↓ 是非こちらを1クリックお願いします。次回のパワーに変わります!!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村


スナップ写真ランキング

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事