[6]機関車D51の雄姿
スポンサーリンク

 

碓氷峠鉄道文化村に展示されている

 

D51(デゴイチ)

 

 

20160907-09_karuizawa032
カメラ:Nikon1 V3

 

 

 

20160907-09_karuizawa053
カメラ:Nikon1 V3

 

 

 

20160907-09_karuizawa033
カメラ:Nikon1 V3

 

 

 

20160907-09_karuizawa062
カメラ:Nikon1 V3

 

 

 

20160907-09_karuizawa055
カメラ:Nikon1 V3

 

 

 

20160907-09_karuizawa054
カメラ:Nikon1 V3

 

 

 

20160907-09_karuizawa063
カメラ:Nikon1 V3

 

 

身近で見ると大迫力のD51。

走っていなくても、この存在感 ^^

 

これが蒸気をはきながら汽笛とともに走り抜けたら、
物凄い迫力なんでしょうね!!

 

最近では各地で機関車が走っていますが、

私のイメージでは、機関車=D51という印象が強くて、
もっとも憧れる車体です ♪

 

 

**** D51(デゴイチ) ****

従来のD50形に変わって軸重を軽減し、誕生した蒸気機関車。
当初貨物用として製造されましたが、旅客列車も牽引し1115両も造られました!

戦中、戦後を駆け抜けたベストセラーの蒸気機関車。

重油併燃装置を付加、集煙装置の改良を重ねて、鉄道文化村に展示されている車体のように煙突後ろのドーム(砂箱と蒸気溜めが入っている)を長く伸ばしたタイプは、「ナメクジ」と呼ばれていて、日本全国を「デゴイチ」の愛称で走り廻っていました。

現在では、JR高崎支社でD51 498が、イベント列車として復活して、往年の雄姿を観ることが出来ます!

 

 

 

2015年9月15日には、「[6]満開の曼珠沙華に出会いたい!!」、なんて記事を書いていました!

 

 

いつも応援クリックをありがとうございます。
↓ 是非こちらを1クリックお願いします。次回のパワーに変わります!!
にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

 

 


スナップ写真 ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事