大輪の花「古代蓮」を撮ろう!!
スポンサーリンク

古代蓮の里で蓮の花を撮ろう

蓮は植物のなかでも、もっとも古いもののひとつです。
およそ1億4000万年前に、すでに地球上に存在していたのだとか。

今回、古代蓮と行っているのは、、
この1億4000万年前の蓮ではなく・・・

約2000年前から復活を遂げた花、

「行田蓮」が主役!!

カメラ:Nikon D850
カメラ:Nikon D5

行田蓮とは(古代蓮)!?

行田市の“天然記念物”に指定されている行田蓮(古代蓮)は、原始的な形態を持つ1400年~3000年前の蓮であると言われています ^^

古代蓮の里の近くの公共施設建設の工事時に、偶然出土した種子が自然発芽して甦ったのだそうです!

地中深く眠っていた多くの蓮の実が出土し、
自然発芽して一斉に開花した事は極めて珍しいことだそうです。

1000年以上前の種から花を咲かせるなんて・・・
植物の持つ生命力に驚かされてしまいます!

それにしても、この古代蓮。

花の大きさは、大人の顔の大きさくらいあり、
花びら1枚1枚も大きくて、鮮やかなピンク色!

シベの部分は、シャワーヘッドを思わせるような形と鮮やかな黄色が印象的です。

ちなみに、蓮の花を見るなら・・・
朝イチが良い!

蓮の花は、早朝に美しい花を咲かせてくれるので、、
どうせ見に行くなら、朝早いほうが美しい蓮の花を楽しむことが出来ると思います!!

暑さ対策をしっかりして、
ぜひとも、この美しい行田蓮を見に行ってみたらいかがでしょうか!?

2019年6月28日には、「[6]銀座を歩きながら「たなばたさま」の歌を口ずさむ」という記事を書いていました。

いつも応援クリックをありがとうございます。

↓ 是非こちらを1クリックお願いします。次回のパワーに変わります!!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村


スナップ写真ランキング

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事