夏休みの水族館で写真を撮ろう!!【東京 アクアパーク品川】
スポンサーリンク

水族館で魚の写真を撮る時には、


「目にピントを合わせる!!」   ポートレート撮影と一緒ですね ^^    


カメラ:Nikon D5 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

   

カメラ:Nikon D5 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

   


カメラ:Nikon D5 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

   

カメラ:Nikon D5 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

   

カメラ:Nikon D5 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

   

カメラ:Nikon D5 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

   

カメラ:Nikon D5 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

   

泳いでいる魚でも、ピントは目に!!

  狙いは、目の上のまぶたの部分 (魚にまぶたがあるかどうかは微妙ですが・・)
きっちりと目にピントが合うと、魚といえども表情を感じますよね ^^    

魚のヒレにピントを合わせてみる!!

  一部の金魚の尾ひれなど、ヒレが長くてヒラヒラしているような魚は、 ヒレにピントを合わせて見るのも楽しく撮影ができます 🎶

とくに、背景を黒くすると幻想的な雰囲気に仕上がってくれます。    

クラゲの写真はどこにピントを合わせる!?

  クラゲの写真の場合、どこかにピントが合えば「カッコよく」仕上がります(笑)
クラゲの傘の部分は、意外とピントが合いにくいので、ちょっと注意が必要かも・・

クラゲの縁の部分は、比較的ピントが合いやすい^^
コントラストが高い部分を狙うと良いです!!

  ちなみに、私の場合、ピントが合いづらい場合は、 マニュアルでピントを合わせています(笑)  

オートフォーカスで、大まかにピントを合わせておきながら、 マニュアルで微調整をする 🎶 フォーカスリングを回してピントを合わせるのもですが、 自分自身がほんの少し前後に動いてピントを合わせる! この数センチの動きが、かなり有効なので是非試してみてください!!      

2018年8月6日には、「[6]LUMIX GX7 Mark Ⅱを使ってイルカのナイトショーを撮影!!」なんて記事を書いていました!

写真素材のピクスタ

いつも応援クリックをありがとうございます。

↓ 是非こちらを1クリックお願いします。次回のパワーに変わります!!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ

にほんブログ村


スナップ写真ランキング

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事