[6]東京海洋大学のキャンパスにある重要文化財、明治丸

東京海洋大学の越中島キャンパス内にある

重要文化財明治丸

 

※東京都江東区越中島2−1−6

   

 カメラ:Nikon D5

   

カメラ:Nikon D5

   

カメラ:Nikon D5

   

カメラ:Nikon D5

   

明治丸は、明治政府が英国グラスゴーのネピア造船所に燈台巡廻業務用として発注し、 明治7年に竣工。

鉄船(現在の船はすべて鋼船)で、明治8年に横浜に回航されました。

 

明治丸は、特別室やサロンまでも備えた豪華仕様の船で、 当時ロイヤルシップの役目も兼ねていたそうです。

 

また明治8年、小笠原諸島の領有権問題が起きた際には、 日本政府の調査団を乗せて、英国船より早く小笠原に到達!

そのおかげで、小笠原諸島はわが国の領土となったそうです!!。

その後、沖ノ鳥島、南鳥島の領有を含め、日本は領海と合わせて世界第6位となる 447万k㎡の排他的経済水域を確保することとなりました!!! (その約3分の1に当たる約150万k㎡が東京都小笠原村に属しています。)

明治丸さま様ですね ^^

 

明治9年には、明治天皇が東北・北海道巡幸の際、青森から乗船され函館を経由して 7月20日に横浜に安着。

この日を記念して昭和16年に「海の記念日」が制定。

平成8年に、海の記念日が国民の祝日「海の日」となったのだそうです ♪

   

2016年4月18日 「[6]戦国ロマンを思い描いて」なんて記事を書いていました!

   

いつも応援クリックをありがとうございます。 ↓ 是非こちらを1クリックお願いします。次回のパワーに変わります!! にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村

   

スナップ写真 ブログランキングへ

 ]]>

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事