【ポートレート撮影】渓流ポートレートに挑戦!!

涼しげに渓流でポートレート撮影

梅雨が明けて、暑い暑い夏がやってきた!

そうなると、外で撮るポートレート撮影は、、、
暑さとの戦い。

暑さで集中力も散漫になるし、
何よりも熱中症など、健康面にもしっかりと気をつけないと行けない時期。

そんな時は、水辺に行こう(笑)

特に、渓流は最高の撮影環境♪


ということで、初めての渓流ポートレートに挑戦してみました ^^


カメラ:Nikon D6
レンズ:AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
モデル:葉月ゆうかさん(@yuuboo_hazuki11)※掲載許可済
カメラ:Nikon D6
レンズ:AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
モデル:葉月ゆうかさん(@yuuboo_hazuki11)※掲載許可済
カメラ:Nikon D6
レンズ:AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
モデル:葉月ゆうかさん(@yuuboo_hazuki11)※掲載許可済
カメラ:Nikon D6
レンズ:AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
モデル:葉月ゆうかさん(@yuuboo_hazuki11)※掲載許可済

「水を恐れず」思い切り濡れて撮ろう!!

渓流ポートレートで心がけたことは・・・


「率先して濡れろ!」です(笑)


モデルさんに川に入ってもらうということではなく、
カメラマンである私は、積極的に水に使って濡れるということ!


今回、撮影をするにあたって、濡れることは覚悟済み。
あとは、どの程度濡れるか!?というのがふんわりしていましたが・・・

撮影早々・・・ガッツリ(胸のあたりまで)水にに浸かってしまいました(笑)
※当たり前ですが、カメラは水につけていません!

カメラマンが躊躇なく水に濡れることで、
モデルさんも水に濡れることに対しての抵抗感が薄れ対するのと、、

やっぱり、モデルさんに水に入ってもらうのに、
カメラマンが全く濡れないというのは違和感があったので・・・

むしろ、モデルさんよりも前に出て濡れてみました!


でも、この作戦はきっと大正解!!

すでにずぶ濡れの私に対して、
水を掛けるシーンを撮るときにも、一切の遠慮がいらなくなる(すでにびしょ濡れだから)ので

思い切り水飛沫を飛ばしてもらえました ^^
(※この程度なら、防塵防滴のカメラなら問題なし)

撮影で難しかったことと、、今後の反省・・・

今回の撮影時間帯が、

11時00分〜11時50分までの50分間。


この時間帯の太陽の位置は・・・ほぼ真上。。。


その状態で日の当たる場所でモデルさんを撮ると・・・
ガッツリ顔に陰が落ちる。

太陽が真上にあると、顔に影がかかるというのは認識していたものの、、
「ここまで影が落ちるか!?」という印象。。

また、日差しが強くて明るいため、顔に露出を合わせると・・・
背景が明るくなってしまう。。

そうすると、せっかくの渓流の美しい緑や風景の雰囲気が出づらい。。。


などなど。

100%イメージ通りの撮影というわけにはいきませんでしたが、
一部ではイメージ通りの撮影ができたし、

とにかく渓流という雰囲気で気持ち的にも開放感があって、
最高の撮影時間を過ごすことができました ^^


今回の反省点を活かすためにも、
来年も同じような渓流ポートレートをやってみたいですね^^

2020年7月27日には、「【ポートレート撮影】美しくてカッコいいモデルを撮るのに腕は不要」という記事を書いていました。

いつも応援クリックをありがとうございます。

↓ 是非こちらを1クリックお願いします。次回のパワーに変わります!!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村


スナップ写真ランキング

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事