【ポートレート撮影】縦位置と横位置で変わる写真のイメージ

縦位置と横位置で写真のイメージは変る!?

横位置はストーリー性、縦位置は主役を強調しやすい!
縦位置・横位置で上記のような特徴があることを意識しておくとよいですね ^^

また、写真を見る環境を考えて、縦位置と横位置を撮っておくというのも
一つの考え方かもしれません ^^

最近は、スマートフォンで写真を見る人も増えているため、
そんな最近のトレンドを考えると、「縦位置での構図で撮ることで、写真を大きく見せることができる」というのも覚えておくと良いかもしれませんね ^^

カメラ:Nikon D6
レンズ:SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art
モデル:森實りこさん(@zane_rico)
カメラ:Nikon D6
レンズ:SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art
モデル:森實りこさん(@zane_rico)
カメラ:Nikon D6
レンズ:SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art
モデル:森實りこさん(@zane_rico)

横位置はストーリーを伝えやすい!

横位置は広がりを表現できるため、情報が多くなります!
モデルと風景全体の雰囲気をまとめることができ、ストーリーを伝えやすくなります!!

横位置で撮影する際は、主役となるモデルの位置と背景のバランスを見ながら構図を決めよう。

縦位置は主題が明確になる

縦位置は、主題が明確になる!
人物は縦長なので構図的に収まりやすい!!

また、背景がごちゃごちゃしている場合でも、
縦でとれば背景の情報を制御できるのでバランスを取りやすかったりします🎵


特に人物の頭の上のスペースを広めにとると高さを表現できます ^^

縦位置構図の時は、
下の空間を開けるとバランスが悪いので注意が必要かもしれないですね。

2020年1月12日には、「丸の内スナップ撮影】カメラを持って丸の内を散歩しよう」なんて記事を書いていました!

いつも応援クリックをありがとうございます。

是非こちらを1クリックお願いします。次回のパワーに変わります!!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村


スナップ写真ランキング

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事