【ポートレート撮影】ポートレート撮影会に行きはじめた理由
スポンサーリンク

私がポートレート撮影会に参加している理由は!?

ポートレート撮影が上達するには・・・
とにかく人を撮ること!

ポートレートの講習に通ったりしながら、
カメラの設定を学んだり、モデルさんへの声がけのコツを学んだりしていますが、、

やっぱり、一番は人の写真を撮ることが一番。

と・・・考えた時に、
じっくりとモデルさんとコミュニケーションを撮りながら撮影ができるわけではありませんが、

撮影会に参加してみるというのも1つの方法であると考えました ^^

ポートレート撮影の練習のために通う「撮影会」

子供や家族の写真を撮って練習を繰り返してきましたが、
それ以外の練習として通いはじめた「撮影会」

家族を撮るのとは違った撮影雰囲気や、
モデルさんを撮るための練習がひたすらできる!

撮った写真をモデルさんに提供することで、品質(写真の出来栄え)も意識することができるなど、
ポートレートを練習をしながらも、撮影を楽しむこともできる!!

というのが、通い始めて感じたこと🎵

実際に、撮影会に参加してみると、
ポートレート撮影ができるだけではく、やはり応援してくなるモデルさんができたりします。

そんなモデルさんは、さらに綺麗に撮りたいと思い、勉強をする・・
みたいな相乗効果も発揮してくれそうな予感です(笑)

実際に撮影会に参加してみて感じたことは!?

意外と、今まで学んできたことが・・・
撮影会の場で「出来ない」というもどかしさ。。

今まで何回か参加して勉強してきた、ポートレート講座。

もちろん、意味がなかったの訳ではなく、
その講座で話を聞いただけで、満足してしまっていたのだと実感できます。

実際にモデルさんを目の前に撮影を始めようとした時に、

カメラの設定は大丈夫か??

ホワイトバランスは問題ないか?
ピクチャーコントロールは何で撮るのか?
シャッタースピードは大丈夫か??
絞りは大丈夫か??
露出は適正化???

などなど、一気に頭の中を駆け巡ります・・・

その設定の向こうには、、、
撮影後の仕上がりのイメージは出来ているか???

撮影をやる前に、
やることいっぱい、頭の中はいっぱいいっぱい(笑)

でも、そうなっても、、
焦らずに頭の中を整理・・・

落ち着いて、カメラの設定をしっかりしてからモデルさんの撮影をすればよい!
(本来は、撮影に入る前にある程度のカメラの設定をイメージして、微調整レベルで済むようにしておくのが理想だと思いますが・・)

そうやって、マイペースで撮影をすることができるのも、
撮影会の良いところかもしれません。

じゃぁ、、、今後どうするの??

ポートレート撮影をするにあたって、
自分に足りないところが見えたところで、、どうするか??

はい、、撮影を終えたあと、
家に帰って、、ひたすら過去習ったことを復習!

そして、実際に撮ってきた写真を見てみて、振り返り(笑)

「もっとこうしたほうが良いかも!?」という部分を見つけて、
次の撮影にチャレンジしてみる。

などとくる返しているうちに、撮影会にちょこちょこ参加するようになりました(笑)

通えば通うほど、課題は出てくる出てくる。。
モデルさんとへの声掛けやコミュニケーションもその1つ。

早いところ、恥ずかしいなどという感情は、どこかに置いてきて、
それぞれのモデルさんを魅力的に撮れるようになるための練習をくる返していきたいと思うこの頃。

その学びは、家族の写真を撮るときなどにも、もちろん応用していくつもりです🎵

2019年9月17日には、「【江戸川の動物園】家族で楽しめる江戸川の自然動物園」という記事を書いていました。

写真素材のピクスタ

いつも応援クリックをありがとうございます。

是非こちらを1クリックお願いします。次回のパワーに変わります!!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村


スナップ写真ランキング

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事