ニコンのピクチャーコントロールで「モノクロ」を比べてみた

モノクロ写真で遊び倒そう!!

個々数日、モノクロ写真で楽しんでいるのですが、
カメラに搭載された機能のモノクロ設定で、違いを比べてみました ^^


カメラの機能の呼び方や設定の呼び方は、メーカーごとに違うのでモノクロ写真になる設定が何なのかは、
皆様のカメラの取扱説明書で確認をしてみてください ^^

ここでは、私が利用しているカメラのNikonの設定の紹介になります!


ピクチャーコントロールとクリエイティブピクチャーコントロール

最近のニコンの一眼レフカメラ(ミラーレスカメラ)には、
モノクロの設定として5つの設定が用意されています ♫

  1. モノクロ(ピクチャーコントロール)
  2. チャコール(クリエイティブピクチャーコントロール)
  3. カーボン(クリエイティブピクチャーコントロール)
  4. グラファイト(クリエイティブピクチャーコントロール)
  5. バイナリー(クリエイティブピクチャーコントロール)


【モノクロ】

白と黒の単色の濃淡が作り出す世界感。
より印象的なイメージに仕上げたいときには最適な設定です。

【チャコール】

墨の濃淡で描いたような優しい雰囲気の仕上がり。

黒つぶれや白とびも抑えて、柔らかなモノクロの世界を作ってくれます。

輪郭を弱めているため、ふんわりと柔らかい世界を演出できます。

【カーボン】

黒を基調にしたグラデーションで、どっしりと厚みのある画づくり。

全体的にアンダーなイメージで、特に黒が強調されています!

重厚感のある画づくりを求める方におすすめです。


【グラファイト】

輪郭部分は比較的クッキリ。ツヤのある黒で、光を効果的に表現してくれます。

コントラストと輪郭が強めに表現されて、硬調なイメージに仕上がります。

メリハリのある画が得られます!!

【バイナリー】

まるでツートンカラーのような強烈なイメージ。

ディテールが省略された、主役をこれでもかと引き立ててくれます。

白と黒だけの世界をより強く表現したいときや、とにかく個性的な演出をしたいときには最適かも!


ニコンのカメラは、モノクロ設定が5つと豊富に搭載されています!
シンプルなモノクロ写真から、「なんだコレ!?どうやって使えばいいの??」と思ってしまうほどのインパクトある写真まで。

幅広い設定で、モノクロ写真を楽しめそうです!!


2019年4月9日には、「[6]遅咲きの桜はこれからが見頃!?」という記事を書いていました。

 

いつも応援クリックをありがとうございます。
↓ 是非こちらを1クリックお願いします。次回のパワーに変わります!!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村

 


スナップ写真ランキング

 

 

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事