[6]ニコンカレッジ 水族館撮影テクニック ーカメラ設定ー
スポンサーリンク

水族館では、カメラの設定はこうやれ!!

水族館撮影、講義メモ第二弾(笑)

今回は、カメラの設定と構図!
(もっとちゃんとメモれていればと後悔もしつつ・・)

長文となることをお許しください。。


カメラ:Nikon D5

   


カメラ:Nikon D5

   


カメラ:Nikon D5

   



カメラ:Nikon D5

   


カメラ:Nikon D5

   

水族館のカメラ設定はこれだ!!

①構図にはこだわって撮ってみる!
 自分の身体を傾けて構図を作る。 時には、ものすごい格好になることも(笑)

②お気にい入りの魚に狙いをしぼって、構図が決まったら・・
 周りをぼかしてみる! 露出を「マイナス」にして、全体的に暗くすることで雰囲気がグッと出てくる!

 魚を撮る場合、実は日の丸構図は難しいそうです! 動き回っている魚を、
 フレームのど真ん中に入れるのは意外と大変。。

 日の丸構図を使うときは、魚に寄って出来るだけ近づいて撮れるとかっこ良くなるそうです ^^
 (ということは、じっとしている魚が予想ですね!)

③砂利を入れて撮るときは、なるべく水平に! カメラを傾けて砂利を撮ると、安定感がなくなるのだとか。

④クラゲの白をしっかりと出したいときは、露出は「プラス」!
 水族館の中で露出を触る場合は、プラス・マイナス「1」までを基本とする。 しいてなら、
 マイナスは「1.3」までは許容

被写体をふんわりとさせたいときは「プラス」(明るく)

魚は明るいけど背景が暗かったり、コントラストを上げたいときなどは「マイナス」(暗く)

被写体の状況と、仕上げの写真をイメージして、設定を触れるようになるとよい! (これは、慣れが必要ですよね・・・)

⑤ISO感度の調整は、都度都度行う!
 暗くて撮れない・・や、ブレてしまう。。。 水族館ではあるあるですが・・

 水槽の明るさによってISO感度を設定する場合は、
 その明るさで撮れる最低感度(小さい数字)でとれるように設定する!

 ISO感度を上げすぎてしまうと、プリントアウトした場合や大きな画面で見た際に、
 ノイズが目立ってしまいます。

 最近のカメラなら制御上限値を12800位までにする!
 (これでもかなり設定が高いため嫌う方もいると思いますが・・ブレブレになってしまうよりは、、
 という考えのもとの設定。)

 拡張感度は使わないようにする!!

⑥ホワイトバランスの設定!
 基本はオート設定でOK!!

 ホワイトバランスは、簡単に色みを変えられるためカラーフィルター感覚で使ってみるのも
 楽しいそうです ♫

 特にクラゲの撮影の時には楽しめそうです ^^

 色みを青くしたいときは「電球」
 白くしたいときは「晴天」
 赤っぽくしたいときは「晴天日陰」

と、、、つらつらと色々と書きましたが、、
まずは、どれか1つでもマスターすると上手いこと魚の写真がとれるようになれそうです ^^

2016年5月8日には、「[6]銚子電気鉄道、犬吠駅で鉄分補給」、なんて記事を書いていました!

   

いつも応援クリックをありがとうございます。

↓ 是非こちらを1クリックお願いします。次回のパワーに変わります!!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村


スナップ写真ランキング

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事