[6]古代より蘇った行田蓮
スポンサーリンク

3,000年もの眠りから覚め、

自然開花した行田蓮の花達!

   

20140724_gyouda05 Nikon  D4S  AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G (58mm  F2.8  1/500秒  ISO200)

     

20140724_gyouda11 Nikon  D7000  AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR (400mm  F5.6  1/100秒  ISO200)

     

20140724_gyouda03 Nikon  D4S  AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G (58mm  F2.8  1/320秒  ISO200)

     

20140724_gyouda16 Nikon  D7000  AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR (102mm  F4.8  1/2000秒  ISO200)

     

公共施設建設工事の際に、の種子が掘削地の池で自然発芽し開花したそうです!

出土した遺物や木片の放射性炭素年代測定から約1400年から3000年前のものと推定されることから、

 

古代蓮と呼ばれるようになりました ♪

   

花の大きさは、大きなもので大人の顔ほどもあり、、

美しさとともに迫力も満点!!

   

このピンクの花にうっとりしてしまいますね ^^

   

**** 撮影場所:埼玉県行田市 古代蓮の里 ****

       

2013年7月26日には、「[6]高級食材も、水族館で見ると、美しくてご馳走には見えませんね!」、なんて記事を書いていました!

   

いつも応援クリックをありがとうございます。 ↓是非こちらを1クリックお願いします。次回のパワーに変わります!! にほんブログ村

にほんブログ村写真ブログ季節·四季写真へ

   

スナップ写真ブログランキングへ

]]>

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事